放射線に対する無知と偏見

 これはひどい。

「放射能怖い」福島からの避難児童に偏見

子供以前に大人が正しく対応できてないので、子供も大人を真似てしまいます。

放射線に対する正しい知識があれば人から人に感染するものではない、ということぐらいわかりそうなもの、と私のような理系出身者は考えてしまうのですが、どうも世間ではそうではないらしい。

国民が科学に対して無知でいてくれた方が業者の宣伝文句に乗せられて、お金を使って経済が回る、というわけで経済学的には良かったかもしれないのですが、今回のような有事にはこのような差別を招いてしまいます。

骨盤の歪みで○○になってしまうから骨盤矯正しましょう、とか
体に毒素が貯まっているのでリンパマッサージやゲルマニウム温浴をご利用ください、とか
薬は体に良くないので天然100%の健康食品を買ってください、

みたいな宣伝文句を見たことはありませんか?
多少の科学的な知識があればおかしいことに気づけるのですが。


あとゼロリスクを求めると多少でもリスクのあるものに対して排他的になりますね。
それが逆にリスクを高める行動にもなってしまうという。

先に挙げた例では薬を嫌うあまりにかえって健康状態を悪化させる例とかです。


このように健康に関して怪しげなことを流布する業者を放置しておいたこと、あるいは放置される背景がこういう差別を招いてるのではないかと思うのです。


当院では根拠のない話で患者さんを恐怖に陥れ、救いの手を差し出すかのような倫理に反する行為は行っておりません。
安心してお受けください。

 工藤はりきゅうマッサージ治療院

お問い合わせは
info@kudo-massage.com
TEL: 023-641-0124 (平日:9:00〜18:00)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:131 最後に更新した日:2019/05/23

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM