相続

 この間、読売新聞の介護関連の連載で相続のことが書いてありました。

遺産争いというとなんかお金持ちの家に起こるようなイメージですが、お金持ちの方は住んでる住宅・土地以外にも別けられる資産があるのであまり問題にはならないのです。


むしろ一般的な家庭、つまり
遺産評価額のほとんどが住んでる住宅・土地の場合に相続問題は起きやすいです

特に子供の一人が亡くなった親と同居し、そのままその家に住み続ける場合ですね。


読売新聞で紹介されていたのはそういうケースです。


遺産分割には寄与分と言いまして、被相続人(亡くなった方)の財産の形成・維持に役立った人の分はそのまま相続できるような規定があります。


で、同居による介護がどれくらい評価されるかというとそれほど評価されないのが現実です。


なので遺言書であらかじめ介護してくれる人に多めの遺産を残す方が良いです。
例えば介護してくれる子供に全財産を相続させる、とかですね。


しかし遺留分と言いまして、配偶者、卑属(子孫のことです)、尊属(両親、祖父母など直系の上の世代)にはある程度の遺産を遺言の内容にかかわらず相続する権利が認められています。


卑属なら本来の法定相続分の半分です。


なので遺言書を作っただけでは同居して介護した子供が住宅を相続できても現金で遺留分を支払わなければいけない可能性もあります。


土地・住宅以外に遺留分の現金、又は換金できる遺産があればいいのですが、
そのような遺産が無ければ同居して介護した方の持ち出しになります。


介護殺人のケースを見ればわかりますが、介護のために仕事を辞めて経済的に困窮することは良くある話です。


同居での介護は肉体的・精神的負担も大きいのですがその上経済的負担も加わってしまう。


私自身、親を同居で介護していたのでやっぱり親の介護を全くしてない兄弟が同居での介護をしてる子供と同じ額の遺産、または半分の遺産を要求できるというのはおかしいと思いますね。


もっとも家庭には介護だけでない問題もありますし、法律の規定がそうなので仕方有りません。


遺留分は行使しなければ1年で時効になり、行使しなければ遺言通りの相続が可能です。


さて、亡くなる前は遺産はいらないよ、と言ってる兄弟でも状況が変われば心も変わります
特に外部の人間がちょっかいを出すのです。


なのであらかじめ遺留分の放棄という手続きを行ってもらった方が良いです。
ここらへんは記事で知ったことです。


記事の中で「大げさな」、と別居してる子供が言ってますが、同居での介護を経験してる身からするとけして大げさではありません。

読売新聞
(18)遺留分を請求されたら…
(19)弟の遺留分 放棄してもらう

裁判所
遺留分放棄の許可


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:131 最後に更新した日:2019/05/23

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM