被災者を冒涜する、無免許業者によるロンダリングボランティア

JUGEMテーマ:整体
東日本大震災から5年です。

犠牲になられた方のご冥福と被災地の復興をお祈り申し上げます。

阪神大震災の1995年はボランティア元年と呼ばれました。
東日本大震災でも多数のボランティアの方々が被災地に集まりました。


話は変わりますが、最近、無免許マッサージ業者と思しき方と議論していました。
施術の違法性を尋ねた私に対し、
「自分たちの○○セラピスト協会は3.11の福島のボランティアにも行って、世間に認められいる」
と仰った。

えーと、指定暴力団山口組が阪神大震災の時に炊き出しをしていたことは有名かと思ったのですが。

違法性を判断するために施術目的・方法を尋ねているのに対し、免罪符として震災ボランティアを出すのって議論の仕方としても稚拙ですが、免罪符として利用している事自体、被災者への冒涜だと思うのです。

違法な資金を合法的な資金にするマネーロンダリングという言葉がありますが、ボランティアを違法行為の免罪符とすることをロンダリングボランティアとでも呼びましょうか。

こちらの記事によると山口組は東日本大震災でも炊き出しや救援物資を運んだそうですが、

"ヤクザからの救援物資を受け取るのは嫌だと思う方に配慮をして、徹底的にヤクザだと隠して救援物資を渡していた事実は報道されない。"
と、自らの身分は隠していたようです。
暴対法対策かもしれませんが。

まあ、食料も寝床も確保できない時ならどんな団体であれ、救援物質はありがたいと思います。
私も瀕死の状態で暴力団からの援助物資を拒否できるか、と言われたら受け取ると思います。

その援助物資の購入資金を考えると憂鬱になりますが、救援物資を受け取った事実を利用されることはありません。
少くとも山口組や組員が自己正当化のために震災での炊き出しを持ちだした、という話は聞いたことがありません。

さて、無免許マッサージ業者の協会はどうか。
活動報告に震災時のボランティア活動を載せていますね。

で、施術の違法性について問われたら
「自分たちは3.11の福島でボランティアをして世間に認められている!」

ボランティアを受け入れた被災地の方々も将来、違法行為の免罪符に利用されるとは思わなかったでしょう。

工藤はりきゅうマッサージ治療院
http://kudo-massage.com

お問い合わせは施術時間にかかわらず
info★kudo-massage.com (★を@に変えてください)
あるいは
TEL: 023-641-0124
まで。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:131 最後に更新した日:2019/05/23

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM